馬肉の各部位について

馬肉の部位、呼び名の一例

馬肉の部位のご紹介です。商品購入の際のご参考にして下さい。

馬肉の部位紹介

肩ロース

肩ロース

赤身と脂のバランスが良い部位

肩ロースは赤身と脂のバランスが良いと言われる部位です。
適度に脂がのっている肩ロースは、馬刺しの他、馬肉のしゃぶしゃぶなどに用いられるケースも多いようです。


肩バラ

肩バラ

霜降り

サシが入りやすいバラ系の部位の一つです。
重種馬の肩バラは「霜降り馬刺し」の名前で商品化されることもあります。
さっと炙って食べても、脂のジューシーさを楽しめ、非常に美味しいです。


リブロース

リブロース

売りはキメの細かさ

リブロースは牛肉でも高級として知られている部位です。
馬肉のリブロースも同じくほかの部位より肉のキメが細かく、そのおいしさと柔らかさで商品価値の高い部位となっております。


サーロイン

サーロイン

適度な脂ののり具合が美味

リブロースに比べればサシがやや少なめで赤身の比率が高くなりますが、肉がキメ細かく適度に脂がのっています。
牛と同じく馬肉のサーロインステーキ非常に美味しいです。


ヒレ

ヒレ

赤身と脂のバランスが良い部位

ヒレの特徴は何といっても柔らかさ。
その点は、牛肉、豚肉と同様です。 肉質の柔らかいヒレの馬刺しは、かなりの厚切りでも、おいしく食べられます。


バラオビ

バラオビ

バラの中でも特に脂ののりが良い

後バラの中にある部位です。 バラの中でも特に脂ののりが良い部位として商品化されている部分です。
脂がのっているバラオビは、焼きものや煮ものなどの加熱料理にも使いやすいです。


クロッド

クロッド

上半身の赤身部分

馬の上半身にあたる部位、モモ系と同様に赤身のおいしさが味わえる部位です。
一般的には、モモ系と一緒に「赤身」として商品化されているケースも多い部位です。


ランプ

ランプ

モモ系の中でも最上級

お尻のところの部位。モモ系の中で、最も味がしっかりしているという評価もあります。
肉質もしっかりしているので馬刺しでは 薄切りでいただくととても美味しいです。


シンタマ

シンタマ

柔らかいモモ系

モモ系の中でほかの部位より肉質が柔らかいと言われるのが「シンタマ」です。
シンタマの中の「シンシン」と呼ばれる小分割部位は肉のキメが細かくより柔らかい部位になります。


外モモ

外モモ

赤身の味を楽しめる部位

モモの中で一番大きな部位になります。赤みの馬刺しとして商品化されていることが多いです。
赤身そのものの味わいをしっかりと楽しめる部位です。


内モモ

内モモ

外モモよりも肉質は柔らかめ

外モモよりも肉質は柔らかめです。
ちょっとした違いですが内モモと外モモの肉質の違いを食べ比べてみてはいかがでしょうか?


ネギトロ

ネギトロ

多様な食しかたでお召し上がり頂けます

多様な食しかたでお召し上がり頂けます。
軍艦やタルタルステーキにもご利用いただけます。


赤身馬刺

赤身馬刺

定番のヘルシー馬肉

定番のヘルシー馬肉です。
新鮮な赤身肉はお刺身でも握りにしても、美味しくお召し上がり頂けます。